バイアグラとレビトラ

バイアグラとレビトラ

世界初のED治療薬であるバイアグラ。

しかし実はバイアグラは実はある薬の失敗品からできていることをご存知ですか?

バイアグラはもともと狭心症の薬として開発されました。
ですが狭心症の薬としては、ほとんど効果が得られず、失敗だったのですが
被験者の証言で勃起を促進する効果があることがわかりました。

これがキッカケでバイアグラは世界初のED治療薬として販売されました。

今ではバイアグラの知名度は高まり、EDに悩んでいる人にとっては欠かせない
治療薬となりました。そんなバイアグラの次に開発されたのがレビトラです。

レビトラはバイアグラの次に開発され、バイアグラの欠点を補うようなかたちで
作られました。大きな特徴としては、その即効性です。

バイアグラが服用後、効果があらわれるまでに約1時間ほどかかっていたのに対し
レビトラは約15分ほどで効果があらわれます。

これはバイアグラの服用のタイミングにストレスを感じていた人にとっては
とてもありがたいことでした。

しかもレビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくくなっています。
全く受けないわけではないので、できるだけ空腹時に飲んだ方が効果は大きいのでが
バイアグラに比べると影響を受けにくいので、食後でも効果を実感することが
できるようになったのです。