次々と明らかになる媚薬成分について

次々と明らかになる媚薬成分について

媚薬と聞けばそんなのある訳ない!と思う方もいるでしょう。
ですがそれはちょっと前の話だったんです。
そう…ちょっと昔までは本当に夢の薬でした。

でも今では時代も変わり医学や研究が進み
媚薬に関する成分が次々と発見されてきています。

媚薬は男の憧れでもあります。でも…それは違います。
女性だって媚薬への憧れは強いモノです。
恋愛大好きな女性の方が媚薬に対する想いは強いでしょう。
媚薬さえあれば異性をメロメロにさせてやりたい…!
誰もが一度はそう思った事でしょう。

媚薬の成分について少し説明していきましょう。
・コラナット
有効成分はカフェイン、コラニン、テオブロミンで中枢神経興奮作用があります。

・ナツメグ
スーパーで香味料として売られてます。
種子に含まれるエレメチンと見リスチンが消化促進に役立つ。
しかしミス散りンはtまに近い分子構造なので
体内でアンフェタミン系の化合物に変化し、サイケデリック効果がある。

・ガラナ
体内の神経を敏感にする効果があり、
インディオでは長い狩りの度に行く際に食欲を抑え、
眠気を飛ばし、集中力をアップさせる為に使用している。

その他たくさんの媚薬効果がある成分はどんどん発見されてきています。
ですが媚薬効果があるものは希少価値が高く、
値段も高価な為になかなか手が出せません。

そんな悩みを解決する為に
安全でしかも安い媚薬情報がありますよ