バイアグラの仕組みと効果

バイアグラの仕組みと効果

ED(勃起不全)で悩む人は日本で1000万人以上いるそうです。

これは病気としては、かなりの人数に及ぶ種類だそうです。
EDの患者は主に40代から50代の男性に多いそうですが、最近は30代などの
比較的、若い男性にも悩んでいる人が増えているそうです。

EDの原因は主に男性ホルモンの減少が大きく関係しています。
男性ホルモンは20代をピークにして、その後は衰えていくのですが、
衰えのスピードは生活習慣などによって差がでます。

また過度の飲酒や喫煙、食生活が乱れている人などは、衰えもはやいようです。

このように精力の問題は下半身だけにあるわけではないのです。

そんなED(勃起不全)の改善に効果的なのが、ED治療薬です。

ED治療薬といえばバイアグラが有名です。

勃起は男性器の中にある海綿体というスポンジ状の組織に血液が流れ込むことで起こります。
通常は性的な刺激を受けると血液が流れ込むのですが、
このとき血管を縮まらせる働きをする酵素(PDE-5酵素)が作用すると男性器内の血管に
血液が流れ込まないため勃起しなくなってしまうのです。

バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルはこの酵素を邪魔するので男性器内の
血管が緩み血液が流れ込んで勃起が始まります。

ED治療薬の詳しい内容はこちらhttp://ginnavi.com/c-ed/から。